2010年10月14日

新潟が、中国による日本侵略の根拠地に?

新潟市において「中国領事館の旧・万代小跡地への移転」と「旧・新潟大和にチャイナタウン構想」で、大混乱が起こっています。
尖閣と同様、中国は新潟も侵略しようとしています。全国に皆さまに、この事実を知っていただきたく、どうかお力をお貸し下さい。
中国領事館は、万代島のオフィスビルに入っていましたが、西大畑のどっぺり坂上のNSG(新潟総合学院という専門学校)の建物にいったん移転し、その後、5千坪に及ぶ旧・万代小学校の跡地を中国が買い上げ、領事館を建設するというものです。
中華街構想は、篠田新潟市長が中心となり、泉田県知事も賛成、地元商店街も建設要請を出す、という形で進んでいます。両案件ともいきなり発表され、イケイケドンドンとばかりものすごい速さで話が進み、地元住民への説明もほとんど無く、市民もその案件の存在すら知らない人も多くいますし、危険性もほとんど感じていないようです。
新潟市国際課の担当(斎藤博子)の説明もらちがあかず、頼みの新潟市議会も(話によると)全員が賛成に回っているようで自民党からも全く動きがありません。
柏崎市議会議員の三井田孝欧さんが立ちあがって下さり、チャンネル桜への出演(前・仙台市長の梅原氏と)なさり、日本会議と三井田さんが中心となって、反対派市民がが集まって活動を始めたところです。
万一、この話が決定してしまうと、新潟は中国の日本侵略の拠点となり新潟の治安は悪化してしまいます。どうか全国の皆さんにお知らせ下さいませんでしょうか?全国にこの売国奴たちの醜い姿を晒して批判を浴びさせてやって下さいますよう、お願い申し上げます。
以下、新聞・雑誌記事、動画、HPなど
梅原克彦氏・三井田孝欧氏「新潟中華街構想の行方」チャンネル桜
http://www.youtube.com/watch?v=S5qvrBteKr8

柏崎市議 三井田孝欧さんのブログ
http://miida.cocolog-nifty.com/nattou/2010/10/in-e532.html

新潟市議会の議員会派「新潟クラブ」の市議13人が政務調査費を使って行った行政視察が「観光目的」ではないかという疑問があります。
8月の上旬に中国へ観光旅行に行ったとか。政務調査費の使途や報告手続きに不正の疑いがあるとして、新潟市監査委員事務局に住民監査請求をする人が出たようです。
http://www.city.niigata.jp/info/kocho/tegami/22tegami/22-8sonota-20.htm
10/11新潟日報「中国と交流拡大」 http://www.gazo.cc/up/17596.jpg
10/10新潟日報「西大畑町へ一時移転」 http://www.gazo.cc/up/17595.jpg
財界にいがた「古町に中華街構想」http://www.gazo.cc/up/17597.jpg

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」より
posted by amie at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/165695709
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
現在の閲覧者数:
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。