2010年07月13日

子宮頸がんワクチンの危険性

子宮頸がんワクチンの危険性
子宮頸がん予防ワクチン
現在、子宮頸がん予防ワクチンとして、米・メルク社の「ガーダシル」と英・グラクソ・スミスクライン社の「サーバリックス」があります。2010年3月現在、国内で厚労省に認可されているのは、後者のみです。
製造元の英・グラクソ・スミスクライン社によれば、「予防効果がどのくらい続くのか」
「追加接種が必要か」については、まだ不明とのことです。
同社は、「半年に3回の接種で、最長で6.4年間くらいは、HPVの感染を防ぐのに十分な量の抗体ができる」としています。
この子宮頸がんワクチンが予防できるのは、HPV16型と18型です。
全ての発がん性HPVの感染を防げるものではありません。
「ワクチンを接種しても子宮頸がんにかかる可能性がある」と製薬会社もはっきりと述べています。また、特筆すべき点は、日本人の子宮頸がんの原因はHPV 52・58型が比較的多く、HPV16・18型は全体の約60%ということです。そのためHPV16・18型予防に製造された輸入ワクチンは、日本人には予防効果がさらに限定的であるということです。(HPV52・58型に対する予防効果は10%程度)

「子宮頸がん」とは

子宮頸がん、原因はウィルス

子宮頸がんワクチン

ワクチンの接種対象

海外で疑問視される「子宮頸がんの原因」と「ワクチンの必要性」

アジュバンドの危険性
ワクチンの危険性について、まず知っておかなければいけない基本的なことが、「アジュバンド(免疫増強剤)」です。
子宮頸がんワクチンをはじめとする最近のワクチンには、アジュバント(免疫増強剤)が添加されています。アジュバンドの働きで、ワクチンの有効成分が、より長く体内に残留し、人体の抗体反応を刺激するため、ワクチンの効果を増すとされています。
アジュバンドには沈降性タイプと油性タイプの2種類あります。
沈降性タイプは、ワクチンの有効成分(死菌など)にしみ込ませて、体内に長期間、残留させる仕組みです。
沈降性アジュバンドの代表的な水酸化アルミニウムは、マウスを使用した実験において、脳内の運動ニューロンを死滅させることが知られています。
人間の脳は、マウスの5倍脆弱です。ワクチン接種が、脳機能の一部を破壊してしまう危険性があります。

ワクチン自体への疑問

子宮頸がんワクチンによる死亡例

「新型インフルエンザパニック」の次は「子宮頸がんパニック」?

医療詐欺の可能性

今後のワクチン・ビジネスの動向

ワクチン強制接種への動き

まとめ
@子宮頸がんの原因とされる「ヒトパピローマウイルス(HPV)」は、ごくありふれたウイルスである。
Aワクチンは、すべてのHPV感染を予防するものではない。効果は限定的である。
BHPVに既に感染していたら、ワクチン接種は、がん発症の危険性を増す可能性がある。
C発がん性のHPVに感染しても90%は、自然に消えてしまう。
D子宮頸がんの原因が、HPVでない可能性もある。−2003年のFDAの書類より
E子宮頸がんキャンペーン自体が、世界的な「医療詐欺」である可能性がある。
Fワクチン中の成分「アジュバンド」が、人体に与える長期的な影響は不明である。

子宮頸がんワクチンの何が問題か、簡潔に言うならば、
「基本的な情報が国民に与えらないまま、一方的に接種が呼びかけられている」ということにつきます。これまで述べきた情報、リスクをすべて知ったあと、ワクチン接種を受けたいと思う人がどれほどいるでしょうか。おそらく多くの人が躊躇するのではないでしょうか。
それでもワクチンの接種を選択する人は、おられるかと思います。
ワクチンを打ったら、安心できる、という考え方もあります。
どうせ副反応がでるのはごく一部の人だけだ、という考え方もあります。
重い副反応なんて、自分には起きないだろうと思われる方がほとんどかもしれません。
止める権利は誰にもありません。
あなたの体であり、あなたの命です。
けれど、これまでにワクチンをはじめとする、様々な薬害により、重症となった方、命を落とした 方が存在するという厳然たる事実が消えることはありません。
ワクチンに対する認識があまりにも安易な社会になりつつあります。
「ワクチン」という言葉でごまかされてはいけません。製薬会社の添付文書にもあるように「劇薬」です。

最近子宮頸がんワクチンのことをテレビやCMでよく見ます。
私が見た番組では、一度接種すれば100%効くと言っていました。

医薬関係で政府が素早い動きを見せるときは、警戒しなくてはならないんです。
血液製剤や狂牛病関連でも、もっと早く規制していれば、というものを放っておく。
政権が変わったってそういうことは変わりません。
それどころか、民主党はジェンダーフリーや性の自由化を推進している党です。
そしてこの党の狙いは、日本の解体じゃないかとしか思えない党です。

将来子供を産む、日本の少女たち。
彼女たちに不妊症になる可能性のあるワクチンを打たせますか。
それとも、親がしっかり道徳教育をして、自分で危険を察知するように躾けますか。
posted by amie at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
現在の閲覧者数:
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。