2009年02月27日

amieは陳述しなかった(BlogPet)

amieと、逮捕したかったの♪
でも、amieは軽度も聯合しなかった。
だけど、amieは陳述しなかった?
それできょうえるがamieと出頭判断されたみたい…
だけど、きょうえるは、受け答えみたいな予定したかもー。

*このエントリは、ブログペットの「える」が書きました。
posted by amie at 08:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月24日

パチンコをやめろ

パチンコをやめろ/高山正之(ジャーナリスト)
Voice2月20日(金) 12時33分配信 / 国内 - 政治

マッカーサーは戦後の日本で過去に例のない専制と独裁政治を展開した。

彼はまず罪を犯した米兵への裁判権を日本に放棄させ、新聞が米兵の犯罪を報道することも禁止された。おかげで米兵は強姦も強盗もし放題、殺人も構わなかった。調達庁の調べでは占領期間中2500人が殺された。

彼の占領政策の柱は、日本人の誇りを奪い堕落させ2度と白人支配の脅威にならないようにすることだった。そのために東京裁判で日本を侵略国家に仕立て、 A級戦犯はわざと皇太子殿下の誕生日に死刑を執行した。横須賀港にあった戦艦三笠はいかがわしいダンスホールに改造された。

日本では賭博は禁止だったが、マッカーサーは朝鮮人が国に帰還するまでのあいだ、パチンコ屋をやることを日本政府に認めさせた。

賭けごとは日本人の堕落を促すと読んだためだ。さらに彼は、軍歌いっさい厳禁のなかでパチンコ屋に限って軍艦マーチを流すことを認めた。どこまでも日本を貶めた。

パチンコで日本人を堕落させる計画は彼の期待以上にうまくいった。なぜなら朝鮮人は帰還しないでパチンコとともに日本に居座ったからだ。経営者の95%が朝鮮人という業界は、日本人の射幸心をあおっていまも年商20兆円を稼きだしている。

対支那のODA総計6兆円をはるかに凌ぐ上がりは南北朝鮮を潤し、社民党への献金から北の核開発までを支えてきた。

一方、日本ではパチンコ屋の駐車場で子供が蒸し殺される悲劇が続く。3年前の一斉巡回で56人の乳幼児が蒸し焼き寸前で救出された。借金漬けの主婦が売春に走り、景品交換所では強盗殺人事件が後を絶たない。

松戸市の市営住宅で火事があり、3人の子供が焼け死んだ。23歳の母はそのときパチンコに熱中していた。マッカーサーの思うとおり日本人は堕落した。百害あって一利もない違法パチンコはまだ廃止もされず、悲劇を生みつづけ、南北朝鮮だけが笑っている。
最近のテレビのCMは保険かパチンコ。
漫画やアニメや特撮のパチンコがどんどん増えて、新しい機械のCMを見るたびに、ああこれも売ったのか、とがっかりします。

日本国中、駅前に必ずあるパチンコ屋とサラ金。
醜い光景だと思います。
posted by amie at 15:43| Comment(1) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

2月22日は竹島の日

15258820050928.jpg

北方領土もですが、いつになったら取り戻せるのでしょうか。
竹島も北方領土も、戦争が終わってから(日本は放棄していないのに)勝手に取り込まれています。
どちらも日本固有の領土です。

対馬も尖閣諸島も沖縄も、危ない。
日本人は領土意識、国防意識が低すぎる。
そういう風に教育されてきてしまったからですが。

国土は、[一歩を譲る者はやがて全土を失う]ことになってしまいます。
posted by amie at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月20日

amieと回復された(BlogPet)

きのうえるが、amieと回復された。

*このエントリは、ブログペットの「える」が書きました。
posted by amie at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

メール(BlogPet)

きょうは、判断したかったの♪
それでえるは仮釈放メールする?

*このエントリは、ブログペットの「える」が書きました。
posted by amie at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月04日

空白になった2月4日(水)のメルマガ

立春にあたり甦る言葉
 昨日は節分の恒例行事として、豆まきそして巻き寿司を食べる光景がニュースで放映されていた。そして、立春を迎えた。
 本日は、節分から立春にあたり浮かんできた「言葉」を書き込んでおきたいと思う。それというのも、国会中継やマスコミ報道に現れる現在の「政争」の次元では、決して国家の安泰と国民の幸せを確保することができず、反対に予期せぬ惨害に国民を直面させると憂慮するからだ。そして、それに対する警告の言葉は、歴史を振り返れば、次の通り既に語られている。

「且つ夫れ国家興隆すれば、理想を以て生活とし、国家衰退すれば、生活を以て理想とす」
 この言葉は、徳富蘇峰が昭和二年一月に、林平馬氏の著した「大国民読本」の序文の中に書いたものである。この言葉は、蘇峰翁が、当時の、「米を数えて炊き、髪を撰んで梳る」というような小さなことに拘泥する風潮を嘆き「大日本主義の理想を高調する大国民読本」を讃え推挙するために語られている。
 林平馬氏は戦前は終戦工作に邁進し戦後は国務大臣を務めた方であるが、同氏の孫である林慎平氏より「大国民読本」の復刻版をいただき、この蘇峰翁の言葉を知った。そして、現在の街に掲げられた「生活第一」の政治ポスターを見て年末から年始にかけての日比谷公園におけるいわゆる「派遣村」の連日の報道に接することになった。すると、徳富蘇峰翁のこの言葉が思い起こされて、理想を亡くした国家と国民の悲哀を感じた。
 
 国家主権を侵害されて、生活どころか人生を奪われている北朝鮮に拉致された多くの国民の救出に関心を持たない者に限って「生活第一」と言う。これは偽善ではないか。
 偽善を排して我が国の現状に即した結論を言えば、
「生活が第一」ではない。「国防が第一」である。
我が国に国防の体制がないので、国民も領土も守ることができない。この国民を救出できない現実を見つめずに「生活第一」だけを煽る政治は亡国の政治である。

 次の言葉に移る。
「国民は利益の侵害は許しても、名誉の侵害、中でも説教じみた独善による名誉の侵害だけは断じて許さない」
 この言葉は、マックス・ウェーバーが一九一九年一月にミュンヘンで語った。ナショナリストである彼は、第一次世界大戦の後で、勝者が自分が正しかったから勝ったのだと「品位を欠いた独善さでぬけぬけと主張すること」を許さなかった。
 そして、この言葉の前に彼は次のように語っている。
「男らしく峻厳な態度をとる者なら、戦争が社会構造によって起こったというのに、戦後になって『責任者』を追及するなどという愚痴っぽいことはせず、敵に向かってこう言うであろう。
『我々は戦いに敗れ君たちは勝った。さあ決着はついた。一方では戦争の原因となった実質的な利害のことを考え、他方ではとりわけ戦勝者に負わされた将来に対する責任にもかんがみ、ここでどういう結論を引き出すべきか、一緒に話し合おうではないか』と。これ以外の言い方は総て品位を欠き禍根を遺す」(以上、マックス・ウェーバー「職業としての政治」岩波文庫、八十四頁)

 昨年の晩秋に「生活第一政界」が、寄ってたかって超党派で田母神俊雄航空幕僚長を更迭した。更迭の理由は、田母神氏が「日本はいい国だ」という論文を書いたからだ。この政界の考えでは、航空幕僚長は、「日本は悪い国だ」と思っていなければならないのだ。
 しかし、更迭以来、全国各所で田母神前航空幕僚長の話を聴くために集まる国民は膨大な数である。田母神氏の全国行脚の日程は六月まで詰まっているという。
 これこそ、日本国民が、マックス・ウェーバーの語った
「利益の侵害は許しても、名誉の侵害、中でも説教じみた独善による名誉の侵害だけは断じて許さない」国民、であることを示しているなによりの証左である。
 
 ところが、この日本国民を「代表する」と言われる国会議員は、全くこのことを理解せずに超党派で田母神氏を糾弾した。そして、「生活第一」とぬかしている。
「馬鹿、大切なのは日本国民の名誉だ。名誉のない生活が第一だとは、貴様は『猿の生活』を国民の理想とするのか」
 改めて、「職業としての政治」の八十四頁を読み返してみれば、
中国共産党やGHQや今の村山談話の当事者と信奉者のことをウェーバーが一九一九年に既に指摘しているようである。
つまり、品位がない、独善的である、偽善的である、と。
 
 再度、村山談話の内容に触れて本稿を終えたい。
村山談話は、「我が国は、遠くない過去の一時期、国策を誤って・・・侵略した、植民地支配をした・・・」と続く。
 従って、この談話を発表した後で、当の村山氏が記者から質問を受けた。「遠くない過去の一時期とは何時ですか」、「誤った国策とは何ですか」と。
 しかし、村山氏はこの二つの質問に答えられなかったのだ。
そして、驚くべきことに、この村山談話を継承しているという現在までの歴代内閣においても答えられないのだ(質問主意書に対する政府答弁書)。
 つまり、初めから内容の分からない談話が、内容が分からないまま受け継がれている。これが村山談話である。
 これでは、村山談話とは、「何しか、日本は悪い国だ」という悪質な妄想か。一種の狐憑きか。
 ここから醒めているのはマックス・ウェーバーのいう日本国民で、憑かれたままなのが、「生活第一翼賛党」つまり今の政界全体である。

 「衆人皆酔うも吾一人醒む」との屈原の気概を以て歩まん。

「眞悟の時事通信」より
posted by amie at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

処分(BlogPet)

きょうえるがamieで起訴猶予処分っぽい報道するつもりだった?

*このエントリは、ブログペットの「える」が書きました。
posted by amie at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
現在の閲覧者数:
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。