2007年11月30日

起訴すればよかった(BlogPet)

きょう、起訴すればよかった?

*このエントリは、ブログペットの「える」が書きました。
posted by amie at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月29日

密入国するためなら何でもする

日本人置き去り成り済まし入国
無謀手口も見極め困難 日中にブローカー組織か
中国籍の女が日本人女性のパスポートをだまし取って中国に置き去りにし、入れ替わりに顔の似た中国人の女を成田空港から不法入国させていた事件が明らかになった。一見無謀な手口だが、入国審査を行う東京入管成田空港支局は「女性の場合、髪型や化粧を似せれば判別しづらい」と見極めの困難さを明かす。県警は日中両国にブローカーがおり、組織的に同様の手口を繰り返していたとみて全容解明を急いでいる。
同事件で入れ替わり入国を手引きしたとされる中国籍の李惠娟被告(44)=旅券法違反の罪で起訴=は「仕事を手伝ってほしい」と知人の日本人女性三人を誘い、今年四月三日、一緒に成田空港から中国山東省の青島空港へ向かった。
李被告は青島市内のホテルで三人からパスポートを預かり姿を消すと、二日後、パスポート写真と顔が似ている中国人の女三人を連れて帰国。一方、置き去りにされた日本人女性三人は北京の日本大使館に助けを求めた。
県警は、二日間で“入れ替え”が完了していることなどから、中国側のブローカーがあらかじめ密航希望者を用意していたとみている。李被告は一九八八年に来日後、一度オーバーステイで強制送還されたが、二〇〇四年に偽造旅券で再来日していた。

◆入国審査パス  
成田空港に降り立った中国人の女三人は入国審査をパスした。東京入管成田空港支局は「厳しく審査しているが、女性の場合、髪形や化粧を似せれば通過はありえる。日本人と思っている相手に『中国人ですか』とは聞けない…」と話す。
今月二十日、入国審査で指紋と顔写真の提供を義務付ける改正入管難民法が施行されたが、“日本人”は対象外。この手口では、密航者たちがブラックリストと照合されずに入国してしまう恐れがある。

◆密航費は数百万か
県警によると、李被告の不正な出入国回数は二〇〇四年以降、少なくとも十二回に及ぶ。今年一月にも日本人女性を香港に置き去りにし、米国ホノルル空港で中国人の女と一緒に上陸拒否されたことが確認されており、同様の手口で不法入国援助が繰り返されてきた可能性は高い。
この中国人の女は成田空港経由で中国に強制送還されており、途中、東京入管職員に「ブローカーに数百万円払った」などと話したという。
県警は、国内には就労先のあっせんブローカーがいるとみて詳しく調べているが、不法入国援助や不法就労助長で摘発するには、密航者の特定が必要。日本人に成り済まし、四月に不法入国した中国人の女三人の行方は依然不明だ。
千葉日報
日本人になりすますというのは昔からあった事で、日本人のパスポートは引く手数多だと聞くが(日本人旅行者が盗まれる)、中国に置き去りにされた日本人孤児になりすまして親戚一家上げて入国してくる者もいる。その所為で本当の日本人孤児が入国できない。
もうこうなったら、日本国民、外国人問わず指紋押捺身分証明書を国民全員に発行しないといけなくなる。
人権がどうとかと騒ぐ団体もあるだろうけれど、密入国以外の犯罪防止にも役立つんじゃない?
posted by amie at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月28日

国を売る法律

外国人参政権付与 首相次第? 公明に各党同調 自民反対派は沈黙 (1/2ページ)
外国人参政権付与 首相次第? 公明に各党同調 自民反対派は沈黙 (2/2ページ)
国会で過去9年間に廃案4回、継続審議22回とたなざらしが続いている「永住外国人に地方参政権を法案付与する法案」の成立に向け与野党が再び動き出した。議員立法でを提出している公明党が自民党への働きかけを強めているのに対し、かつて「国家主権にかかわる問題だ」と訴えてきた自民党反対派は沈黙している。福田康夫首相の判断次第では、公明党など推進勢力が目標とする来年の通常国会での成立への流れが加速する可能性がある。
こんなとき、安倍さんなら安心していられたけれど、福田首相ではかなり心配。というか、福田首相になったから出てきたんだろうけれど。
posted by amie at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月23日

発表(BlogPet)

きょうえるはamieで発表すればよかった?

*このエントリは、ブログペットの「える」が書きました。
posted by amie at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月16日

それで概要を破損する(BlogPet)

きょうえるはamieと売却する?
それで概要を破損する?

*このエントリは、ブログペットの「える」が書きました。
posted by amie at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

修学旅行の行き先を決めるのは誰?

東広島市の高校生ら53人が腹痛や下痢 中国に修学旅行
広島県は十三日、中国へ修学旅行に行っていた県立河内こうち高校(東広島市)の二年の生徒と教職員計五十三人が、嘔吐おうとや腹痛、下痢などの症状を訴えたと発表した。いずれも症状は軽く、県は食中毒か感染症とみて原因を調べている。
県によると、生徒らは五日から十日にかけて症状を訴えた。いずれも五日から八日の間、中国へ修学旅行に行っていた。
ほぼ同時期に中国に行った群馬県や佐賀県の高校の生徒も同様の症状を訴えているといい、関連を調べている。
中国へ修学旅行へ行って、食中毒を起こすという事件が何度も起こっているのに、マスコミがちっとも報道しないから、学校は修学旅行をやめようとしない。
だいたい、なんで外国へ行くんだ。昔ならともかく、外国だってこれからいくらでもその気になったら行けるだろう。
しかも2年(酷いのは1年)で行く旅行の何が「修学」なんだか。
posted by amie at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月09日

amieと変更した(BlogPet)

きのうamieの、メディアとか発表するはずだった。
それでamieで取材へ公約したかった。
でも、amieと変更した?
だけど、amieと立ち往生したいなぁ。
それできょうはamieは野党が決定しなかったよ。

*このエントリは、ブログペットの「える」が書きました。
posted by amie at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月07日

宇宙での活動

ISSの太陽電池パネル破損、船外活動で見事に修復
3日(米国時間)の船外活動は、惨事を回避した例として米航空宇宙局(NASA)の歴史に残るだろう。宇宙飛行士たちが、『国際宇宙ステーション』 (ISS)のロボット・アームからぶら下がり、亀裂が入った太陽電池パネルを(通電状態のままで)応急処置の道具でつなぎ合わせたのだ。
まるで映画のシーンのようだが、これは実際の事。
2005年8月にもスティーブン・ロビンソン飛行士と野口総一飛行士が船外での機体修復に成功したが、全く凄い時代になったものだ。
posted by amie at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月06日

誤報を訂正しないマスコミ

視聴率を上げるためだけのケータイ非難報道
(前略)
さる10月17日、長崎空港を離陸しようとしたANA機にて管制塔等とを結ぶ航空無線電話設備が使用できなくなったとして立ち往生したトラブルがあった。マスコミはこぞって「機内乗客がケータイの電源を入れていたのが原因」と報道していた。
(中略)
ちなみにこのANA機のトラブルについて総務省が立ち入り検査を行い、その原因が明らかにされた。その原因とは…、問題を起こした航空無線電話設備の「ハンドマイクのカールコードの破損」が原因だそうだ。航空機設備側の不具合が原因であったにも関わらず、乗客のケータイがトラブルの原因として発表され、報道させていたのである。呆れて話にもならないが、さらにこういった間違った報道をしていたテレビ局各局も、その後誤報であったことを謝罪した番組は一つもない。
マスコミは何でもそう。
報道すべき事じゃなくて、報道したい事を報道する。
情報を隠されたまま、正しい判断なんてできない。
posted by amie at 21:32| Comment(1) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月05日

またプロパガンダ映画か

“バターンの死の行進”映画化、主演にヘイデン・クリステンセン
一時はポール・ヴァーホーヴェンが監督に噂されていた「Beast of Bataan」で、ヘイデン・クリステンセンの主演が決定した模様。原作は、フィリピン攻略における日本軍司令官・本間雅晴中将らによる、“バターンの死の行進”に代表される数々の非人道的行為を戦争犯罪として裁く軍事法廷を記録したLawrence Taylorのノンフィクション『A Trial Of Generals』(『将軍の裁判 マッカ−サ−の復讐』)。他の出演候補には、本間中将役で役所広司、さらにはウィレム・デフォー、ウィリアム・ハートといった名前が挙がっている。監督には「星に想いを」「愛しのロクサーヌ」のフレッド・スケピシが予定されている。撮影は来年2月からオーストラリアで開始。
この映画のスポンサーは何処だろう。また中国か、それとも?

「300」に抗議しているイランと違って、日本政府は何を言われても反論しない。

太平洋戦争の原因
連合国側の犯した数多くの戦争犯罪は、その後まったく裁かれずに現在に至っていますが、これこそが彼等の唱える正義と文明の正体なのです。
posted by amie at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月02日

操作(BlogPet)

きのう、amieは操作したの?

*このエントリは、ブログペットの「える」が書きました。
posted by amie at 08:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
現在の閲覧者数:
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。