2007年06月26日

ホンダの議員に慰安しなかった(BlogPet)

えるは談話するつもりだった?
ホンダの議員に慰安しなかった?


*このエントリは、ブログペットの「える」が書きました。
posted by amie at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月23日

医学の進歩

動画を作成するカプセル型内視鏡、発売へ
イスラエルのGiven Imaging社が開発したカプセル型内視鏡『PillCam ESO 2』が、このほど米食品医薬品局(FDA)の認可を取得した。今後、米Johnson & Johnson社の子会社を通じて米国内で発売となる予定だ。
直径1センチの小さなカプセルは、患者が簡単に飲み込めるもので、患者の食道を移動しながら必要な写真撮影を行なう。
画像は、患者の胸に取り付けたセンサー群に向けてワイヤレス送信される。撮影は、1秒に18回のペースで30分間にわたって行なわれる。これだけの画像があれば、食道の状態を詳しく興味深く捉えたムービークリップを作成するのに十分だ。
この内視鏡で発見できる疾患は、一般的な胃酸の逆流から、「バレット食道」まで幅広い。バレット食道とは、食道下部の粘膜が胃の内壁と同じ細胞に入れ替わり、やがては癌になるというものだ。カプセル内視鏡を使えば、バレット食道の人も食道を失わずにすむだろう。
[日本語版:ガリレオ-藤原聡美/高橋朋子]


抗生物質が効かない細菌に、蜂蜜で対抗
(前略)
最も興味深いのは、最近増えている、傷口経由での薬剤耐性を持つ細菌への感染という問題に、ハチミツが効力を発揮しているように見える点だ。
薬が効かない感染症を引き起こす菌には、肉を蝕むことで知られるA群連鎖球菌や、最も深刻な場合は同じく肉組織を破壊するメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA) などがある。近年、こうした菌による感染症は驚くほど広がっており、MRSAだけで、米国内の救命救急室で治療された皮膚感染症全体の半数を占める。抗生物質に耐性を持つ微生物、いわゆる「スーパーバグ」のせいで、毎年、何万人もが命を落としたり体の一部を失ったりしていることから、公衆衛生の専門家や当局も警戒感を強めている。
(後略)

医療用ハチミツ(オーストラリアのMedihoney社)なんてあったんだ。
抗生物質は素晴らしい薬だけど、最近は安易に処方されているようで、結局一番必要な時に聞かないと言うことになっている。
posted by amie at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月22日

情報を隠してる中国で次々と

中国で川の水に触れた60人以上が病院へ
【6月20日 AFP】新華社通信(Xinhua)は20日、安徽(Anhui)省で汚染された川の水に触れた60人以上が、皮膚の異常を訴え病院で手当てを受けていると伝えた。
被害者らは19日に、安徽省の東部に流れるJindong川(Jindong River)で死んだ魚を捕ったり洗濯物をした数時間後に、皮膚が焼けるような痛みを訴えたという。
地方自治体によると、水面には油のようなものが見受けられるが、汚染の原因はまだ解明されていないという。また、被害者のうち9人は入院しており、他はすでに帰宅したと伝えられた。
中国では水質汚染の報告が絶えない。過去の報道によると、川や湖の7割以上が汚染されており、9割以上の都市の地下水が汚染されているという。(c)AFP

中国産ピーマンから基準値超える殺虫剤、厚労省が検査命令
冷凍食品用の中国産ピーマンから殺虫剤のピリメタニルが基準値を超えて検出されたとして、厚生労働省は20日、食品衛生法に基づく検査命令を出した。
同省のモニタリング検査で同様のケースが2度にわたり見つかったことを受けた措置。これにより、当面の間、中国産ピーマンは、ピリメタニルの残留を調べる検査に合格しなければ輸入できなくなる。
同省によると、今年1月、兵庫県の業者が輸入した冷凍食品のピーマン(約8トン)からピリメタニル0・04ppm(基準値0・01ppm)が検出され、今月11日には、東京都の業者が輸入した冷凍食品の赤ピーマン(11トン)から同じ農薬が0・02ppm検出された。

【中国】【写真】養殖魚が全滅−重慶で白濁の河川汚染2日間
21日付中国新聞社によると、重慶市栄昌県安富鎮の古橋村で、養殖されていた魚が18日から19日にかけて全滅した。養殖場は川に設けられており、汚染された水が原因と見られている。死んだ魚は約80トンで、被害額は40万元以上とみられている。

【中国】「ちまき」悪臭ふんぷん、賞味期限切れ2年の偽装発覚
賞味期限切れの「ちまき」を販売しようとしているという通報に基づき、安徽省品質技術監督局が合肥皖毛毛速凍食品有限公司への立ち入り調査を16日に行ったところ、2年前の2005年に賞味期限が切れた製品をパッケージを交換しただけで出荷しようとしていたことが判明した。18日付で新華社が伝えた。
調査により新たなパッケージに詰め替えられて出荷されようとしていた「ちまき」約2000キログラム相当が押収された。賞味期限は2005年内で、悪臭が立ち込め、既に米粒の形状がなくなっていたという。
中国製「トーマス」に鉛=日本でも販売、自主回収へ−米
posted by amie at 00:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月21日

朝日ソノラマ(T_T)

朝日ソノラマ、9月に営業停止 「時代の流れに抗し切れず」
朝日新聞社の全額出資子会社・朝日ソノラマは6月21日、9月いっぱいで営業活動を停止し、解散すると発表した。「最近の出版界の状況や当社の経営見通しなどから検討した結果、やむなく店じまいすることになった」としている。
書籍の新刊発行は6月までで停止するが、既刊本の注文には9月まで応じる。雑誌は9月まで発行する。コミックやノベルズの出版権は朝日新聞社出版本部が引き継ぎ、10月以降は朝日新聞の新刊として発行する。「百鬼夜行抄」「雨柳堂夢咄」「チキタ★GUGU」などのコミックや、「吸血鬼ハンターD」などノベルズ新刊は、朝日新聞社から出る。
朝日新聞は嫌いだけど、朝日ソノラマは好きなのに〜。
出版が朝日新聞社って嫌だなぁ。出るだけいいんだろうけど。カラーがかなり違う気がする。
「雑誌は9月まで発行」ってことは、ネムキは廃刊? や〜だ〜(;_;)。

告知
posted by amie at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月20日

人権を言うなら、チベットのことを語れ

中共はチベット文化を絶滅させようとしている=ダライ・ラマ14世
【大紀元日本6月16日】豪州訪問中のダライ・ラマ14世は、メルボルン、クイーンズランドおよびキャンベラを訪問後、6月14日、シドニーでの記者会見で、チベットと中国共産党(中共)間の直接対話に関する質問に対し、チベットは独自の言語があり、豊富な文化遺産、仏教伝統、希有な自然生態環境があるとし、中共が高圧的な手段により、チベット文化を絶滅しようとしているため、対話の進展は難航していることを明らかにした。ダライ・ラマは、チベット人 95%は中共の政策を受け入れられないとし、中共は50数年来、漢民族およびチベット民族間の関係を深刻に破壊していると指摘した。
ダライ・ラマは、中共のチベット政策に対し「人権侵害は依然と深刻で、故意であれ無意識であれ、チベットは文化絶滅の危機に晒されている」と危惧している。
中共との十数年間の交渉を振り返り、ダライ・ラマは、若い頃にマルクス主義の影響を受けたが、共産党はただ階級闘争を強調して憎しみを扇動するだけだとわかったという。ケ小平が主張した「白猫黒猫論」(※)からすれば、今日の社会には多くの「黒猫」が存在していると指摘した。胡総書記が「調和社会」を主張するのは、社会は「調和」に欠けているからだと分析し、「本当にどこかで『大団結』があれば、決して『調和』を強調することもいらない」と指摘した。
ダライ・ラマは、独立を求めず、自治を主張するだけだと強調し、文化、教育、宗教、環境などを含めて、各民族の選択を尊重すべきだと強調した。また、チベットの現状は人々に失望を与えているかも知れないが、より広範囲からみた場合、チベットの未来を楽観視していることを明らかにした。ダライ・ラマは記者たちに対して、ジャーナリストとして、真相を発掘し、それを公衆に伝える責任を果たすよう呼びかけた。
一方、豪州政府は絶えず中共の圧力を受けたが、ハワード首相および野党のシュルコブン党首はダライ・ラマと面会するスケジュールが決定しているという。
(記者・曾妮)

中国四川省:聖なる山乱開発、チベット人と工事業者流血衝突
【大紀元日本6月19日】香港の中国人権民主運動情報センターによると、チベット民族が「神の山」として崇め、世界自然保護区に指定されている四川省稲城県亜丁景勝地区を乱開発した中国当局に対して、数百人のチベット人による抗議活動が先月行われ、開発工事業者と大規模な流血衝突が発生し、6人が負傷したという。同景勝地区はいまだに閉鎖されたままだという。
情報センターによると、亜丁景勝地区は中国で指定されている26ヶ所世界自然保護区の1つで、「世界文化遺産」の申請を行っているにもかかわらず、稲城県政府は同区内で空中ケーブル・カーおよびホテルの建設を決行したという。
この景勝地区にある「仙乃日山」は、中国でもっとも美しい山ベスト10の中の1つで、地元チベット民族は、山のすべての植物や樹木を非常に大切にし、「神の山」として崇拝している。
情報センターは、稲城県亜丁景勝地区観光局および亜丁景勝地区管理委員会の談話を引用し、景勝地区でホテルを建設する工事業者が「仙乃日山」で、大量の樹木を切り倒したことから、チベット人数百人は5月10日、工事業者が集合する場所で現場作業者と衝突したという。現場作業者4人およびチベット人2人が負傷した。当局は公安警察百人以上を動員し、民衆を追い散らしたという。
情報センターによると、5月12日に当局は亜丁景勝地区を閉鎖する緊急指示を下し、同景勝地区への観光誘致はすべて中止させられた。同景勝地区へ通じる各入り口には標識で「同地区において、衝突事件が発生したため、閉鎖された。観光客は立ち入り禁止」といまだに閉鎖されたままである。
一方、少し前に、四川省道呼県八美鎮においても、ある個人企業がチベット人にとって聖なる山を炭鉱として開発したため、大規模の流血衝突事件が起きたという。
(07/06/19 09:16)
他国を侵略し、蹂躙している中国。
不法滞在目的で入国して居座っているイラン人家族の滞在嘆願する奴や、殺人犯を集団で弁護する弁護士ども。勘違い人権屋たち、日本ではダルフールも報道しないけど、チベットや東トルキスタンのことも全く話題にならない。
日本でぬくぬくと生きている犯罪者たちのことより、本当に弾圧されている人たちを救うために行動しろ。
中国は、自国民でさえ使い捨てなんだから。

拉致された子、強制労働 中国当局600人保護
2007年06月18日17時29分
中国各地で拉致された子供たちがれんが工場などで過酷な労働を強いられていた実態が判明し、山西、河南両省の公安当局は省内にあるれんが工場など1万カ所以上の一斉捜索を開始した。18日までに子供や知的障害者を含む約600人を保護、工場経営者や拉致実行者ら約170人を拘束した。同様に拉致された被害者は1000人を超えるとみられており、公安当局はさらに捜索を進めている。
国営新華社通信などによると、拉致グループは、鄭州市など大都市のターミナル駅周辺で未成年や職を探す労働者らに「仕事がある」などと誘い、拉致していた。被害者は400元(約6000円)〜500元で工場に売り渡されていた。
被害者はわずかな食事を与えられただけで、厳重な監視下で早朝から深夜まで15時間以上も無償で働かされていた。12歳の少年や70歳の高齢者も含まれていた。全身にやけどを負っている被害者も多い。
親たちが自力で我が子を工場から救出した様子を地元テレビ局が放映したり、子供が失跡した父母約400人がネットを通じて救出を呼びかけたりしたことで問題が顕在化。長期間事態を見過ごしていた当局の姿勢に批判も出ている。

●「仕事遅い」殴打、体中やけど

「現代の奴隷工場」――。一斉摘発の端緒となった洪洞県広勝寺のれんが工場を、内情を知る関係者はこう形容していた。ここで3カ月近く働かされていた河南省の男性(20)とその父親(43)が、朝日新聞記者に拉致や過酷な労働の実態を語った。
調理学校を卒業した男性は3月7日深夜、鄭州市で料理店の面接を終え、駅付近の長距離電話がかけられる店で休んでいた。見知らぬ男3人が近づき、「何の仕事ができる」と聞いてきた。男性が「調理師の資格がある」と言うと、男たちは「ちょうどいい。レストランを経営しているから働かないか」と誘った。
男性は誘いに応じ、ワゴン車に乗った。勧められた飲料水を飲むと、強い眠気に襲われた。睡眠薬が入っていたらしい。翌日午後に目をさますと、れんが工場にいた。
山に囲まれ、れんがの搬出に使われる細い道が唯一の出入り口。経営者宅があり、出入りを監視していた。経営者は村の共産党書記の息子だった。12〜60歳の約30人が働かされていた。男6人と犬6匹が常時監視していた。
朝5時から深夜1時まで平均16時間以上働かされた。100度以上もあるかまどの内部に入り、焼き上がった高温のれんがを薄い手袋をはめただけで運び出した。仕事が遅いと棒で殴られ、体中にやけどを負った。
食事は塩をふっただけの葉物野菜とおかゆ。就寝時間になると、窓がふさがれた粗末な小屋に押し込まれて施錠され、薄い布団にくるまって床に寝た。風呂はなかった。
3月8日夜、父親は公安局に捜索願を出した。テレビや新聞に尋ね人の広告も出した。広告を見た男性から「息子が誘拐されて山西省の工場で働かされたが、自力で逃げ帰った」と連絡を受けた。父親は5回にわたり同省を訪れ、買い付け業者を装って200以上のれんが工場を訪れたが、消息はつかめなかった。
不安が募る中、5月29日、突然息子から電話があった。公安当局の摘発で救出され、病院にいた。父親は全身の力が抜け、泣いた。久しぶりに会った息子はげっそりとやせ、全身やけどやあざだらけ。感情が抜けたように無表情だった。
拉致された男性は「なぜ簡単にだまされたのか。両親に迷惑をかけてしまった」と自分を責める。父親は「救出が遅れたら息子は死んでいたかもしれない。こんなことは絶対に許されない」。asahi.com
posted by amie at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月19日

ワシントンで牛乳を理解しがたい(BlogPet)

ワシントンで牛乳を理解しがたい
朝鮮と同様、中国の原材料を使ったペットフードの大量回収に加え、中国産練り歯磨きについてもFDAが出来る偽卵、中国産練り歯磨きについてもFDAが検査を開始
フグ混入=
入院者発生で自主回収に加え、中国産練り歯磨きについても絶対旅行に行く気はないが、入ってくるものを作るのか、理解しなかった
シカゴでは最近、茹でたら黄身でピンポンが出来る偽卵、ニセ注射液と思う
とか思ってるの。


*このエントリは、ブログペットの「える」が書きました。
posted by amie at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月18日

危険な外来種

1174266169.gif1174266169.gif1174266169.gif


里山あぐりさまのツボカビ病からカエルと日本農業を守ろうにリンクを張りました。
posted by amie at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月12日

分からない(BlogPet)

すべては貿易区で中国産のペットフードの原料や家畜用飼料に化学物質ジエチレングリコールが検出された部分から灰色の付着物が張り付き、道立消費生活センターに調査を同タイプの鍋の販売先について「分からない」
としていたことから在庫を自主回収していないため回収の鍋の縁の被害につながる恐れがあるが、明確な法律違反では、毒性が強いため抜け穴などで有毒物質ジエチレングリコールはホリシン(堀内哲雄社長)
と、えるが考えたの。


*このエントリは、ブログペットの「える」が書きました。
posted by amie at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月11日

中国ネタ

放流したトラック13台分のコイ、末路は下流で住民の食卓へ
【6月9日 AFP】生態系保全のため放流されたトラック13台分のコイの多くが、下流の住民1000人らに捕獲され、計画を実行した政府関係者はこの事態に頭を悩ませている。国営通信社・新華社(Xinhua news agency)が7日、報じた。
新華社によると、中国北東部の吉林(Jinlin)省吉林(Jinlin)を流れる河川・松花江(Songhua river)で5日、労働者3000人以上が2時間をかけて、7万元(約110万円)相当の鯉を放流した。しかし、作業が終了したとたんに、近隣や下流の住民らが網など捕獲の道具を手に、松花江河岸に殺到。放流したコイの多くは、簡単に捕獲されてしまった。
政府の監視員は河岸をパトロールして、捕獲の道具を没収したが、結局、住民を逮捕することはなかったという。
今回のコイの放流は、「世界環境デー(World Environment Day)」の政府活動の一環だった。(c)AFP

回収紙をナプキンに、ようじ再使用も…中国紙報道
【北京=佐伯聡士】食品の安全性に対する信頼が揺らいでいる中国で、レストランの紙ナプキン、つまようじなどに潜む様々な病原菌が健康を脅かしていることが分かった。
中国の有力紙「南方週末」が、中国調理協会が2006年に行った調査結果などをもとに伝えた。
同紙によると、規定では、紙ナプキンにはいかなる回収紙も使ってはならないが、実際には、低品質のナプキンに回収したゴミを漂白したものが流用されていた。製紙工場に10年勤めた男性は、「原料の中には、使用済みの生理用ナプキンや病院が廃棄したガーゼもある」と証言。恐ろしいのは色つきの紙ナプキンで、漂白剤すら使わず、ゴミを着色してごまかしただけのものがあり、大腸菌や結核菌、肝炎ウイルスなどが検出されたという。
低価格のつまようじも、状況は同じ。海南省海口市で昨年、広東省から購入した大量の「回収ようじ」が見つかった。レストランやゴミ捨て場から回収したようじを水につけてよごれを落とし、包装し直しただけで、この種のようじからは大腸菌や結核菌以外にエイズウイルスまで検出されたという。これらの紙ナプキン、ようじが輸出されていたかどうかは不明。また、使い捨てのプラスチックのはしやスプーンなどの食器を、不十分な消毒を施しただけで繰り返し使うレストランもあるという。
(2007年6月10日3時3分 読売新聞)
posted by amie at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月05日

きのう(BlogPet)

きのう、シドニーに輸入されたみたい…


*このエントリは、ブログペットの「える」が書きました。
posted by amie at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月04日

SFがどんどん実現

動脈を泳ぎ進む医療用マイクロロボット(1)
科学者たちの国際チームが、世界初とされる医療用のマイクロロボットを開発している。このマイクロロボットは髪の毛2本分の幅しかなく、動脈や消化器官を泳ぎ進めるという。
(中略)
心臓その他の器官を通り抜けられるこの微小なロボットは、注射器を使って挿入される。リモートコントロールされたロボットは、疾患のある部位まで体内を泳ぎ進み、一連の任務を遂行した後、挿入された場所まで戻り、注射器で再び取り出される。
(WIRED VISION)
「ミクロの決死圏」という映画が作られたのは1966年。人間を小さくすることは出来ないけれど(その内出来るのか?)、代わりに体内を移動して治療したり検査したりする。
再生医療もどんどん盛んになっているし、昔のSF映画の世界がどんどん実現しているなぁ。
「ソイレント・グリーン(1973)」や「ショック療法(1972)」の実現は嫌だけど。


それにしても、先進国なのにはしかや百日咳が流行するのは情けない。
posted by amie at 22:17| Comment(1) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月03日

またかと言われるでしょうが

中国製毛布の発がん性物質含有量、国際基準の10倍=豪州当局
【大紀元日本6月2日】中国製造の有毒織物が豪州で確認された。発がん性物質ホルムアルデヒドの含有量が安全基準の10倍を超えている毛布である。豪州政府が緊急指令を発動、中国製の織物を調査し始めた、ある輸入業者が自らコンテナ8個分の毛布を市場に流出するのを止め、すでに店頭で販売している同類の商品の回収を始めている。米国のある会社も同類商品の輸入計画を中止したもよう。
豪州連邦政府は、同国の税関、厚生省、競争と消費者委員会(Australian Competition and Consumer Commission)の強い要請を受け、関連商品の調査に踏み切った。
豪州で最大の発行部数を誇る「シドニー・モーニング・ヘラルド」紙が5月29日、本件を報道した。それによると、豪州の高級家庭用品の大手業者シェリデンド(Sheridand)社傘下のアクティル社(Actil Commercial)が先週、中国から輸入されたコンテナ8個分の毛布を隔離、検疫検査を行った。その前に、豪州当局(Australian Wool Testing Authority)が検査した結果、中国から輸入した織物に、発がん性物質ホルムアルデヒドの含有量が世界一般の安全基準の10倍を超えていることがわかった。
豪州マードック大学(Murdoch University)の環境学部のディングル(Peter Dingle)副教授は、中国から輸入する織物のホルムアルデヒド含有量は、「危険かつ異常なほど」高いレベルに達していると警鐘を鳴らしていた。

毛布も、顔や肌に触れる可能性がある。
また、博士の独り言さまによると、中国製の箸も大変危険だということ。
そういえば、昔1kgの肉からハムを作るのに、保存料や発色剤やらを入れまくるので、できあがりは2kgにもなると聞き、ハムやソーセージで染めたセーターを見て、またハムやソーセージは生協の安全なものにしよう!と思ったものだ。いまは自然な色の製品が多いのも、消費者がその危険性を知ったためだろう。
食べ物や薬に毒を入れる中国なんだから、箸にも妨黴剤、防腐剤、漂白剤などがてんこもりな訳だ。食べ物だけ気をつけていても、それを運ぶものが毒なら何にもならない。
数年後、数十年後の自分と家族のことを考えたら、個々の防衛は真剣に実行すべきだ。
posted by amie at 00:31| Comment(1) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月02日

番組6−1

1(金)
 拳銃無宿「汚名 / The Medicine Man」「疑惑 / Miracle at Pot Hole」08:30〜09:30 BS5
 クラシック倶楽部「N響演奏会」10:00〜11:40 BS2
 サイエンスZERO「ZERO SP 生物パワーで地球を救え」19:00〜19:45 ETV
 かんさい特集「京都着物玉手箱」20:00〜20:43 NHK
 たけしの誰でもピカソ「“世界の監督35人”に選ばれた北野武が語る」22:00〜22:54 TVO
 美の壺「枯山水」22:00〜22:25 ETV
 プレミアム10「これがエコツアーだ」22:00〜23:30 NHK
 芸術劇場「小澤征爾ウィーン国立歌劇場復帰」22:25〜24:40 ETV
 未来創造堂「自転車ギア」23:20〜23:50 YTV
 昭和演劇大全集「唐十郎の紅テント"ジャガーの眼"(昭和60年)」24:05〜02:10 BS2
2(土)
 ミディアム2 霊能者アリソン・デュボア「審判のとき / Judge, Jury & Executioner」09:00〜09:50 BS5
   12人の怒れる男の変則版かなと思ったら違った。愛する娘を信じていた男に殺されて、そいつが無罪になったあとでバラバラにされた遺体が見つかったら、敵を討ちたくなると思う。結局、昔の彼女は無事だったのかな?
 彩雲国物語2「地獄で仏に会う」09:00〜09:25 BS2
 科学大好き 土よう塾「ミミズと土のふしぎな関係」09:15〜10:00 ETV
 課外授業 ようこそ先輩「写真家・廣瀬飛一〜東京都・御蔵島」09:30〜10:00 NHK
 地球へ…「届かぬ思い」18:00〜18:30 MBS
 あの人に会いたい「朝比奈隆」19:30〜19:40 ETV
 日めくりタイムトラベル「昭和57年」20:00〜23:00 BS2
 探検ロマン世界遺産「シリーズ・古代エジプト文明(2)王は神なり 栄華の果てに」20:00〜20:43 NHK
 美の巨人たち「鶴岡政男 戦後美術の旗手」22:00〜22:30 TVO
 BSドキュメンタリー「祖国の海を守りたい〜キューバの人魚 デボラ・アンドヨ」22:10〜23:00 BS1
 地球街道「ルート66」22:30〜22:54 TVO
 フォークの達人「トワ・エ・モワ」23:00〜24:30 BS2
 サイエンスZERO「“におい”の不思議に迫る」23:45〜24:30 ETV
 COOL JAPAN「コミュニケーション」24:10〜24:55 BS1
 コンバット!「重い袋 / SILVER SERVICE」24:30〜25:15 BS2
   ゲスト ミッキー・ルーニー
 デスパレートな妻たち「罪の段階 / GUILTY」24:40〜25:30 NHK
 テレメンタリー2007「夕張新市長 財政再建のどん底から誓ったこと」26:00〜26:30 ABC
 ヒッチコック劇場「最終脱獄計画」「殺人幻覚」26:05〜26:55 BS2
3(日)
 仮面ライダー電王「その男、ゼロのスタート」08:00〜08:30 ABC
 ルソンの壺「ゲームソフト開発」08:00〜08:25 NHK
 難問解決!ご近所の底力「暴走族」10:05〜10:50 NHK
 「たかじんのそこまで言って委員会」13:30〜15:00 YTV
 「生中継 熱海五郎一座 狼少女伝説TOH!!」14:30〜17:10(予定) BS5
 報道特集「二週連続採決強行と松岡大臣の地元」「ガソリン値上げ! 脚光浴びるか…あの存在!」17:30〜18:24 MBS
 夢の扉「家庭で役立つ節電」18:30〜19:00 MBS
 ダーウィンが来た!生きもの新伝説「石は宝!南極ペンギン」19:30〜20:00 NHK
 ビジネス未来人「“番頭さん”が中小企業を救う」19:30〜19:55 ETV
 新日曜美術館「ねむの木こども美術館〜宮城まり子」20:00〜20:45 ETV
 熱中時間〜忙中“趣味”あり「鳥凧とだるま」21:00〜22:00 BS2
 NHKスペシャル「脱談合〜きしむ“最後の日本型システム”」21:00〜21:55 NHK
 N響アワー「最近の演奏会から〜ブフビンダー珠玉のブラームス」21:00〜22:00 ETV
 ネクスト 世界の人気番組「北京」21:10〜22:00 BS1
 迷宮美術館「絵画は踊る!」23:00〜24:00 BS2
 情熱大陸「CM界の奇才…箭内道彦」23:00〜23:30 MBS
 素敵な宇宙船地球号「わが家は海に沈んだ…島を追われた家族の涙 海面上昇の脅威」23:00〜23:30 ABC
 世界遺産「ハロン湾・ベトナム社会主義共和国」23:30〜24:00 MBS
 NHKアーカイブス「ETV特集『甦るひょうたん島〜佐賀・松島(平成11年)』」「現代の記録『都会っ子(昭和37年)』」23:40〜25:00 NHK
 課外授業 ようこそ先輩「写真家・廣瀬飛一〜東京都・御蔵島」24:30〜25:00 ETV
 クラシック・ロイヤルシート「小澤征爾指揮 サイトウ・キネン・オーケストラ演奏会2006」24:55〜02:53 BS2
 Weekend Japanology「将棋」25:00〜25:45 ETV
 ルソンの壺「ゲームソフト開発」25:05〜25:30 NHK
4(月)
 クラシック倶楽部「スウェーデン王立男声合唱団」10:55〜11:54 BS2
 ビッグショー「服部良一」19:45〜20:32 BS2
 NHKスペシャル「大都会の海 知られざる東京湾」22:00〜22:50 NHK
 カンブリア宮殿「消費者のココロを掴め!世にない商品・売れる名前の発想法」22:00〜22:54 TVO
 この人この世界「金田一秀穂 日本語のカタチとココロ 第1回 外国語として見た日本語」22:25〜22:50 ETV
 ER緊急救命室XII「それはイブのこと / ALL ABOUT CHRISTMAS EVE」23:00〜23:50 BS2
 英語でしゃべらナイト「日本人の英語でいいんです!〜DJ・小林克也」23:00〜23:30 NHK
 BSドキュメンタリー「地球は訴える 映像詩プラネット 第1回 人類 繁栄の代償」24:10〜25:00 BS1
5(火)
 クラシック倶楽部「エマ・カークビー&ロンドン・バロック演奏会」10:55〜11:54 BS2
 フルハウス「ミシェル・ライダー / Easy Rider」19:00〜19:25 ETV
 ガイアの夜明け「食料争奪 ニッポンの食卓に忍び寄る危機」22:00〜22:54 TVO
 私のこだわり人物伝「開高健 悠々として急げ/重松清 第1回 “鼻”の巻〜飢餓から飽食の時代へ」22:25〜22:50 ETV
 「サラリーマンNEO」23:00〜23:30 NHK
 名探偵モンク4「モンクに親友 / mr.MONK Makes A Friend」23:10〜23:55 BS2
 BSドキュメンタリー「地球は訴える 映像詩プラネット 第2回 地球が燃え尽きる」24:10〜25:00 BS1
6(水)
 クラシック倶楽部「クレマン・ジャヌカン・アンサンブル演奏会」10:55〜11:54 BS2
 地球ドラマチック「ひとりぼっちのジョージ〜ガラパゴス諸島の自然保護」19:00〜19:45 ETV
 ためしてガッテン「常識逆転!地球温暖化ビックリ対策術」20:00〜20:43 NHK
 その時歴史が動いた「メキシコ五輪 奇跡の銅メダル〜日本サッカー勝てる組織作り」22:00〜22:45 NHK
 人生の歩き方「加藤登紀子 男と女の旅路 第1回 ひとり寝の子守唄〜出会いと獄中結婚」22:25〜22:50 ETV
 熱中時間「フィギュア」22:45〜23:00 NHK
 SONGS「大貫妙子」23:00〜23:30 NHK
 BSドキュメンタリー「地球は訴える 映像詩プラネット 第3回 傷つけられた生態系の逆襲」24:10〜25:00 BS1
7(木)
 クラシック倶楽部「スウェーデン放送合唱団演奏会」10:55〜11:54 BS2
 奥様は魔女「おお、かみよ」19:45〜20:10 BS2
 日本の名峰「甲斐駒ヶ岳」20:10〜22:32 BS2
 歴史に好奇心「あの人は何を食べてきたか 第1回 藤原道長の“とっておき”」22:25〜22:50 ETV
 BSドキュメンタリー「地球は訴える 映像詩プラネット 第4回 残された選択」24:10〜25:00 BS1
8(金)
 拳銃無宿「老いた賞金稼ぎ / The Choice」「妻のボディガード / The Last Retreat」08:30〜09:30 BS5
 クラシック倶楽部「N響演奏会」10:00〜11:40 BS2
 サイエンスZERO「“におい”の不思議に迫る」19:00〜19:45 ETV
 美の壺「万年筆」22:00〜22:25 ETV
 プレミアム10「オペラ座の弁慶 團十郎・海老蔵 パリに傾く」22:00〜23:00 NHK
 芸術劇場「トニー賞2007 ノミネート注目作品」22:25〜22:55 ETV
 未来創造堂「日本人のためのスパゲティ」23:00〜23:30 YTV
 昭和演劇大全集「小指の思い出(昭和61年)」24:05〜02:25 BS2
   野田秀樹作・演出
posted by amie at 11:08| Comment(0) | TrackBack(1) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
現在の閲覧者数:
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。