2006年05月30日

子供の薬は未承認

風邪を引いて、寝込んでました。今年は黄砂が酷い所為か、喉がやられます。
みなさんもうがい手洗いお忘れなく。


ドキュメント'06「投毒 薬を毒に変えないために」
小児への投薬をめぐる問題を伝える。小児に使われる薬の多くは安全性が立証されていないことが日本小児科学会で報告された。おととし高熱でけいれんを起こして急性脳症に陥った大阪在住の長谷川裕希君は、一命を取り留めたものの、首も腰も据わらない新生児の状態に戻った。長谷川君は発熱で訪れた小児科で軽いぜんそくと診断され、ある気管支拡張剤を処方された。その時、医師は発熱時に服用するとけいれんを招くという副作用や注意点を説明しなかった。(yahooテレビ欄より)

小児に投与される薬の8割は安全性が確認されていないと聞いて、びっくりしました。
でも問題は医師がそれを意識せず投薬すること。それぞれの薬について調べる時間がないので、薬についてまとめてある冊子を開いて投薬を決めることが多い。
投薬に注意を要する薬であることや副作用のことを告げないで、投薬する。若い世代のコミュニケーション下手はよく言われているけれど、医師までそれではほんとに困る。
小児科医が足らないことが問題になっていますが、これも問題の根っこは同じようです。リスクが大きくコストがかかるので、小児用の薬はあまり開発に力を入れないとか。
そして、長時間の痙攣を訴えても小児科医の空白によって、すぐに診てもらえない。
この薬がないと困る病気もあるし、代替できる薬もない。
もちろん、どうしても副作用が出たのかもしれない。でも注意して与えれば防げたのかもしれない。知って与えるのと、知らずに与えるのはずいぶん違うように思います。
どういう条件で出るのか、またお医者さんによって結果が違うのか。
無事に過ごせていることが単なる「ラッキー」に思えてしまう、とても文明国とは思えない感慨を抱きます。
「薬は何でも怖いものだ」という考えを頭の隅に置いて、飲む(与える)べきでしょうね。かと言って、飲まず(与えず)にはいられないし。
数年前に知って以来、スティーブンジョンソン症候群がとっても怖いのでした。

再放送はCS日本で、6月3日(土)24:00〜
posted by amie at 01:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月29日

入学シーズン、ご用心(BlogPet)

きょうは、正体とか洗脳しなかった。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「える」が書きました。
posted by amie at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月19日

一刻も早く、と願う気持ちを

1 :ちょーはにはにちゃんwφ ★ :2006/05/18(木) 11:46:35 ID:???
■「数十万の『朝鮮人めぐみ』をご存知ですか?」
「韓国には、日帝によって強制的に連行された数十万の『めぐみ』がいます。韓国国民が
めぐみさんに関心を持つことをあなたが願っているように、『朝鮮人めぐみ』の家族たちも
日本国民に対して同じ心情なのです。」

ヨルリン・ウリ党の金元雄(キム・ウォンウン)議員(国会倫理特別委員長)は16日、駐韓日本
大使を通じて、日本人拉致被害者として知られる横田めぐみの父親の横田滋(73)に書簡
を送った。横田滋は、弟の横田哲也(37)とともに15日に金浦空港を通じて訪韓した。

金議員は手紙の中で、「娘さんの不運な生に対する限りない父情が私の胸も打ちます」と
慰めた。金議員は更に、「前世紀、南北は互いに数千名ずつの工作員を送り込んで幾多
の拉致をほしいままにした」「拉致被害者たちとめぐみさんは、戦後冷戦体制の犠牲者だ」
と述べた。

しかし金議員は、「めぐみさんの冤魂を慰めるのは、この冷戦体制の解体から出発しなけ
ればならない」「不道徳な冷戦体制の残滓を引きずって自分たちの利益を追い求めつつ
めぐみさんの人権を取り上げるのは、良心を欺くものだ」と主張した。

金議員は、「韓国には、いまだに数十万の『めぐみ』がいる」「日帝によって強制動員された
数百万の朝鮮人のうち相当数がまだ戻ることができず、死後も靖国神社に奉安(?)されて
おり、死んだ魂さえ日帝の強制連行から釈放されることができないでいる」と表明した。

金議員は、「韓国国民がめぐみさんに関心を持つことを願うように、日帝によって強制連行
された数十万の朝鮮人『めぐみ』の家族たちも、日本国民が彼に関心を持つことを願って
いる」と強調した。

金議員は横田滋に、「今度の訪韓の折に、日帝時代に強制動員された朝鮮人徴用者や
軍慰安婦とその遺族たちにも一度会ってみてはどうか」
と勧めて、「彼らとお会いになれる
よう私が斡旋させて頂いても結構です」と付け加えた。

一方、金議員が駐韓日本大使を通じて書簡伝達を要請した同じ時間、横田滋など日本人
拉致被害者家族と韓国の拉北者家族協議会会長らは、ソウル市内の拉北者家族協議会
事務室で記者会見を行なった。

以下は、金議員が大島正太郎・駐韓日本大使を通じて横田滋に送った書簡の全文だ。
<後略>

▽ソース:オーマイニュース(韓国語)(2006-05-16 13:41)
http://www.ohmynews.com/articleview/article_view.asp?at_code=331326

▽別ソース:統一ニュース(韓国語) <金元雄、訪韓した「めぐみさんの父親」に書簡>
http://www.tongilnews.com/article.asp?mainflag=Y&menuid=101000&articleid=65001

韓国人が大っ嫌いになる瞬間だ。
自分たちはいつも「被害者」。
でも、言っていく相手が違うだろう。

いま、日本にいる在日は戦後日本政府やGHQに帰国するように言われても帰らなかった人と、生活に困って密入国してきた人や不法滞在者(と、その子孫)。
百歩譲って無理矢理だとしても、日本は自由の国。帰りたければいつでも帰れるのに帰らない在日と、拉致されて帰りたくても帰れない被害者を一緒にするな!
しかも、それを言うに事欠いて被害者に向けて言うなんて。人非人!

こんな国と、拉致問題に関して手を組む事なんて出来るのだろうか?
アメリカや、他の拉致被害者の国々と協力して、外圧を高める方が良いと思う。
posted by amie at 23:03| Comment(1) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月17日

ただいま、です(BlogPet)

日本で値段とか、全代えを後悔しなかった?
長いこと最初とか、全代えになったら後悔するかもしれませんでした
しかも、やっぱりというか、モデムも壊れていたんですが、今回は、部品などを装置したかったの♪
時間は、えるたちが、今回は、えるたちが、ないのでしょうか大きい螺旋と値段を終了したかったの
日本でないのでしょうか大きい螺旋と値段を終了したかったのか
おまけにキーボードが壊れていたんですが、ないの数を後悔しなかった?
と、amieが言ってたよ♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「える」が書きました。
posted by amie at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月16日

敵の敵は味方、金のためなら手を組む

大阪の生野区は日本一在日が多いところ。いったい、何でここに集まるんだか。

民団と総連が和解へ、あすにもトップ会談
在日本大韓民国民団(韓国民団)と在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)は、結成から50年余り続いた対立関係を解消し和解するため、17日にも、東京・千代田区の朝鮮総連本部で初のトップ会談に臨むことがわかった。
会談後、合意した和解内容などについて発表する。
両団体の歴史的和解を受け、韓国民団が要求する永住外国人の地方参政権などの政治課題で、朝鮮総連が共闘に動く可能性もあるほか、国際的に孤立を深める北朝鮮本国に対し、韓国民団が経済支援に乗り出すとの見方も出ている。
領土問題などで悪化している日韓関係にも、大きな影響を与えるとみられる。
1950年代から対立を繰り返してきた韓国民団と朝鮮総連は、2000年6月の南北首脳会談と和解のための南北共同宣言を受けた、韓国と北朝鮮本国の要請もあり、和解作業を進めたことがある。
数回の両団体幹部級の協議も行われたが、結局、互いの敵対関係について関係修復できず頓挫した経緯がある。
今回の動きは、韓国の盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権の発足で急速に進む南北協力、和解ムードの中で、再び本国の和解レベルから遊離した感のある在日組織レベルでも敵対関係を修正、解消しようとする動きとみられる。
韓国民団は今年2月の中央大会で河丙オク(ハ・ビョンオク)団長をトップとする新指導部を選出したが、河団長は就任の弁で、「必要とあれば自ら総連に出向き、対立、和解の話し合いを進めたい」と語っていた。(オクは金ヘンに「玉」)
しかし、在日子弟の民族教育問題や、無年金者問題など共通で取り組むべき課題は多いものの、両団体間では依然としてイデオロギー面での対立は根深く、一気に組織的な合同などに進む可能性は低いとみられる。
関係筋は、韓国民団系の資金が今後、朝鮮総連を通じて北朝鮮に流れ、大規模開発などの経済再建に使われる可能性もあるとみており、拉致や核問題などを巡っても、日韓両国政府の足並みが乱れるとの指摘も出ている。 
(2006年5月16日16時27分 読売新聞)

受け取る資格のない優遇を受けていることが段々ばれてきたりとか(強制連行は嘘)、南を取り込みつつある北、という本国の先がけとして、北朝鮮への送金をするために南を取り込もうとしている。
韓国籍であっても北朝鮮のスパイや外貨稼ぎの犯罪者だったりするのに、日本は韓国人のビザを厳しくするどころか、ビザをなくしてしまった。

元々公明党(創価)は北朝鮮のものだけれど、ばりばりの公明党員である北側なんかが大臣やっていてはビザは復活しないんだろうな。
創価学会なんか、フランスのようにカルト教団として取り締まって欲しい位なのに。

http://nvc.halsnet.com/jhattori/rakusen/AntiSouka/Video.htm
posted by amie at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月10日

台湾の国交(BlogPet)

きょうえるは改善した。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「える」が書きました。
posted by amie at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月07日

台湾の国交

2006年現在、台湾と国交がある国はわずか25です。その大半はアフリカと中南米ですが、欧州で唯一国交があるのがバチカン市国です。
そのバチカン市国に対しても、中国は外交攻勢をかけていたのですが、

中国での司教独自任命、ローマ法王が関係者を破門
【ローマ=藤原善晴】ローマ法王ベネディクト16世は4日、中国政府公認の「天主教(カトリック教)愛国会」が法王庁の反対にもかかわらず2人の司教を独自に任命したことについて「不快感」を表明し、2人の新司教と愛国会の関係者を破門した。
法王庁は1951年から中国と断交状態にある。法王庁は司教任命権を独占しており、国交樹立の最大の障害は中国での独自の任命だった。
今回の破門で、関係改善は遠のいたと言える。
(読売新聞) - 5月4日22時44分更新

首の皮一枚つながったと言うところでしょうか。

国交はその国の存在を認めると言うことです。
台湾の国旗として中国の国旗を出すテレビ番組(フジテレビ/FNNスーパーニュース)や、台湾を中国と同じ色に塗ってしまう地図や地球儀がまかり通っている日本。
中国が主張する「中国は一つ」を、日本政府は認めていない。なのに実際はそういう行動を取っているに等しい。親日の台湾人を嫌日にすることは、ひとり中国を利するだけです。
posted by amie at 22:47| Comment(0) | TrackBack(1) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月03日

ただいま、です(BlogPet)

こないだ、amieが
前恐竜時代前編海から陸へ」19:00〜19:45ETV街道てくてく旅「平塚宿」19:45〜20:00BS2ためしてガッテン「突然人物!
って言ってたよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「える」が書きました。
posted by amie at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
現在の閲覧者数:
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。